冬:ヘルシンキで旬の味覚を楽しむ

A huge spread of traditional Finnish Christmas food covers a long table with a red table cloth. The view is a close up of a plate full of food with water glasses and bowls of various foods arranged across the table.
Lead text
季節感ある食事を楽しみましょう。ヘルシンキでおいしい冬の食べ物を楽しみたい人は、こちらをご参考に。

オススメの食べ物

心温まるスープ、ミートあるいはチキンシチュー、ベークした根菜、ブリーニ

旬のもの

  • 根菜(エルサレムアーティチョーク、カブ、ニンジン、ルタバガ、根セロリ)
  • ひよこ豆などの豆類
  • 柑橘類 (オレンジ、 ミカン、 ブラッドオレンジ)
  • ナッツ、ゴマ、ひまわりの種、レーズン、乾燥プラム
  • オオムギ、そば粉
  • パイクパーチ、パーチ、シロマス、カワミンタイ

 

オススメの場所

オールドマーケットホールで熱々のフィッシュスープ、伝統あるレストランEliteで、クリーミースープと澄んだスープから選んで、美味しいサーモンスープが味わえます。名前の通りJuuriは、根菜料理が得意で、フィンランド風のタパス「サパス」を提供しています。(Juuriは、「根」という意味のフィンランド語です。)オイル、ドライラベンダーとローズマリー、オレガノ、粉チーズ、フラックスシードで風味をつけた薄切りのカブを試してみましょう。

1月のブリーニシーズンになると、ヘルシンキの多くのレストランでブリーニウィークが始まります。もともとロシアからやってきたブリーニは、たいていサーモンの卵とサワークリームを添えて出されます。ヘルシンキで一番古いロシアレストランBellevueでは、絶妙な組み合わせのブリーニが、歴史ある機能主義のレストランLasipalatsiでは、6つのトッピングが楽しめる大きなブリーニが食べられます。

Show created/updated
Off
Show in search dropdown
Off
Teaser text
季節感ある食事を楽しみましょう。ヘルシンキでおいしい冬の食べ物を楽しみたい人は、こちらをご参考に。