伝統的なフィンランドレストラン

A close up of a spoon holding a piece of salmon above a bowl of salmon soup in a restaurant.
Lead text
フィンランドの食文化のルーツを見つけましょう!

Kosmos(コスモス)

Kosmosと聞くとたじろぐ人も多いレストランです。それは、100年ほどの歴史があるせいかもしれません。実際には、Kosmosはヘルシンキにある地に足が付いたフレンドリーなレストランです。フィンランド料理というよりは、地元ヘルシンキの食のフィロソフィーを反映しています。おそらく、それがKosmosの伝統が今日も続いていて、ジャーナリストやアーティスト、グルメに人気の理由かもしれません。
Kalevankatu 3

Lappi(ラッピ)

名前からお気づきのように、Lappiではラップランドの味からインスピレーションを受けた料理が食べられます。木の内装のお店ではヘルシンキの街の喧騒から遠ざかった場所にいる気分になれるでしょう。観光客の目を引くだけでなく、幅広い種類のトナカイ料理を提供しています。セレブシェフ、アンソニー・ボーデンも来たことがあるくらいです。
Annankatu 22

Elite(エリテ)

ヘルシンキの伝統的なレストランの一つ、Eliteの店内に入るとすぐに、1940年代の雰囲気が感じられます。メニューにはフィンランドの特徴的な料理が並び、有名な俳優の名前をつけた料理(タウノ・パロ)があったり、サーモンスープは「イェレのお気に入り!」なんていう名前がついています!
Eteläinen Hesperiankatu 22

Ateljé Finne(アテリエ・フィンネ)

フィンランドの有名な彫刻家グナール・フィンネにちなんだ名前の洗練されたローカルレストランは、エトゥ・トーロ地区にある美しい建物の中にあります。Finneの背景にいる人たちは、シンプルこそ美しいと知っていて、おいしいフィンランド料理とすばらしいサービスを提供しています。
Arkadiankatu 14

Saaga(サーガ)

シネブリュコフ公園の近くにあるラップランドのインスピレーションを受けたレストランはとりわけ観光客に人気です。装飾品のトナカイの皮や角は、誰もが気に入ると言うわけではありませんが、フレンドリーなサービスに文句を言う人はいないでしょう。最高にフィンランドらしい体験をしたい人は伝統的なトナカイのソテーを食べてみましょう。興味深い儀式を含むテーマパッケージの一部として「ククサ」と呼ばれる木のカップを事前に注文しておくこともできます。
Bulevardi 34

Sea Horse(シーホース)

Sea Horseは、毎日遅くまで営業しているヘルシンキの伝説的なレストランです。雰囲気はまるでカウリスマキの映画のようで、気さくで素晴らしいサービスが受けられます。Sea Hourseの名物、さくさくのバルトニシンのフライ、オニオンステーキ、スイートブレッドがオススメです。
Kapteeninkatu 11

Savoy(サヴォイ)

Savoy80年間も続く伝統的なレストランで常に時代の流れに遅れることがありません。内装はアルヴァとアイノのアアルト夫妻がデザインし、マンネルハイム将軍専用のテーブルもあったほど、まさにフィンランドらしいレストランです。これ以上フィンランドらしいということはありません!フィンランドの独立100周年をお祝いして、Savoyではその歴史を代表する料理を出しています。
Eteläesplanadi 14

Kuu(クー)

Kuuはトーロ地区にあり、50年以上にわたり人気のお店です。フィンランドの食材を使ったローカルフードと昔ながらのフィンランド料理が味わえます。オススメの一つは、スモークサーモンスープです。
Töölönkatu 27

Konstan Möljä(コンスタンモルヤ)

伝統的なフィンランドレストランは、いつも観光客でにぎわっています。Konstan Möljä は、とりわけカレリア地方の群島の古いフィンランドの歴史を大切にし、おいしいビュッフェ料理を提供しています。田舎のおじいちゃんとおばあちゃんを訪ねているような気分になる雰囲気の場所です。「Möljä」ってどういう意味なんだろうと思っている方、「カモ」という意味です。
Hietalahdenkatu 14

Show image on the left
Off
Show created/updated
Off
Show in search dropdown
Off
Teaser text
フィンランドの食文化のルーツを見つけましょう!