ワイルドフードとナチュラルフードをヘルシンキのレストランで楽しむ

Shot from above, a beautiful and very neat portion of risotto is presented on an fancy plate on top of a well worn wooden table outdoors.
Lead text
フィンランド人の自然への親しみと森とのつながりはヘルシンキのレストランのメニューにもしっかり反映されています。ジビエや野生の魚やハーブがメニューにあったら、ぜひオーダーしてみましょう。

地産の食品、オーガニック食品、旬の食品、そしてファーム トゥ テーブルやノーズ トゥ テールといった概念は、自尊心あるレストランなら当たり前のことになってきましたが、ヘルシンキの多くのレストランが、自然の要素をさらに発展させています。それらのレストランでは自らが信頼する農家や生産者、収穫者から自然の食材を直接調達しています。ますます多くのレストランが野菜を自家栽培し、フィンランド人シェフがしばしば野生のハーブを摘みに出かけたり、狩猟や釣りに行ったりして、自然のピュアな味わいが途中経由なしで料理になります。

The seven person team of Restaurant Grön are sitting around one of the tables in their restuarant, looking towards the camera, smiling.
Show in landscape format
Off

熟練したシェフの手にかかれば、よく知っている食材ですら、発酵や乾燥などにより、すっかり様変わりしてしまいます。GrönOraのようなヘルシンキのミシュランの星付きのレストランではいつでも新しくて驚くようなユニークな料理が楽しめます。ヘルシンキのRestaurant Skördでは、野生のハーブやベリーからジビエやオーガニックの羊肉まで、すべての旬の食材をフィンランド国内のできるだけ近い場所から調達しています。ワインやカクテルを含めて飲み物もすべて国産です。

ヘルシンキで食事に出かける時には、ヘラジカ、シカ、トナカイの肉、サステナブルなニシン、キタカワカマス、イワナだけでなく、コケモモ、ブルーベリー、クランベリー、クラウドベリー、アンズダケやポルチーニなど秋に収穫されるキノコの料理も食べられます。トウヒの芽やネトルからシモツケやシダまで、おいしい野生のハーブにより風味が整います。

Show image on the left
Off
Show created/updated
On
Show in search dropdown
Off
Teaser text
フィンランド人の自然への親しみと森とのつながりはヘルシンキのレストランのメニューにもしっかり反映されています。ジビエや野生の魚やハーブがメニューにあったら、ぜひオーダーしてみましょう。