ヘルシンキグルメツアーマーケットホール、マーケット広場、デリカテッセン

A view from above inside Hietalahti's Market Hall. Below customers sit on high stools, eating at the bar of a Ramen restaurant, whilst other customers sit in an open seating area directly above the restaurant itself.
Lead text
海外でマーケット巡りをするのはとても楽しいですよね?

海外のマーケットって楽しいですよね?歩いて見て回ると、街の様々な場所を探索すると同時にエクササイズにもなって新鮮な空気も味わえます。

ヘルシンキの屋外マーケットには、新鮮な野菜、ルタバガやにんじん、かぶ、パースニップなどの根菜、魚などを売る屋台が並んでいます。根菜は今、世界中でとりわけ話題になっていますが、フィンランドでは昔から家庭料理の中心です。フィンランドの子供たちは、スライスしたルタバガやカブなど生の根菜をおやつにしています。

街の人たちは、週末ですらニワトリが鳴くと目を覚まし、かごを抱えてマーケットに向かいます。新鮮な食材、とりわけ魚の種類が豊富なことで大勢の人がヘルシンキのマーケットに魅力を感じていますが、それだけでなく屋台の間をのんびりと歩いたり、紙のカップでコーヒーを飲むのも楽しい場所です。いつも同じ人たち、とりわけ、年老いた男の人たちが集まってコーヒーを飲みながら話しているのに気づく人もいるかもしれません。フィンランドのマーケット広場は、イタリアのエスプレッソバーのようなものです。

フードジャーナリストのHanna Jensenが、 1日かけてヘルシンキのマーケット広場やマーケットホールをすべて回る食ツアーのプランを作ってくれました。

Inside the Old Market Hall, a spacious area with large windows covering the far wall holds a cafe where some people are sitting while others are browsing what's on offer. Behind the counter stands a tall block of shelves as wide as the counter, that holds a variety of products, including baked goods. Two blackboards hang in front of the shelves listing the menu.
Show in landscape format
Off

朝:ハカニエミマーケット広場とハカニエミマーケットホール

石畳のハカニエミマーケット広場は、ヘルシンキの食ツアーを始める場所として最高です。早朝の太陽を浴びて仕事に行く人たちを見ながら、モーニングコーヒーと昔ながらのフィンランドのポリッジ、Kahvisiskot/カフヴィシスコット(「コーヒーの姉妹」という意味)の朝ご飯から始めましょう。ペットのミニブタが飼い主に連れられて歩いているのを見かけるかもしれません。

ハカニエミマーケット広場では野菜や植物、ハーブなどがが比較的安く売られています。隣接するハカニエミマーケットホールでは、新鮮な野菜、高級な肉(Reinin liha/レイニン・リハは伝説の店です)、フィンランドで最高と言われているフェタチーズ(Maustekeidas /マウステケイダスは、ターメリックからレモンの保存食までありとあらゆるものを扱っています。)やその他様々なチーズ(「空飛ぶ牛」という意味の Lentävä lehmä /レンタヴァ・レフマにはほとんどいつも行列ができています。)が並んでいます。

ハカニエミマーケットホールは改修の時期を迎えていますが、いい意味で古びていて本格的な雰囲気を醸し出しています。マーケットホールの中を歩けば、街の人たちの毎朝の様子がよく分かります。多くの人たちが混雑を避けて朝早くにやって来ます。誰かに会うためというよりは、必要なものを買いにマーケットに来るのです。

老人たちがマーケットで買って行くものを見ているのは非常に楽しいものです。最高で新鮮なものだけを買って行く、彼らは本物のグルメです。旬のものもお気に入りです。

Shot from above, a pair of hands gently hold a strawberry above pile of strawberries that fills the frame.
Show in landscape format
Off

正午:マーケット広場とオールドマーケットホール

ハカニエミではあっという間に23時間が過ぎてしまうでしょう。ハカニエミのマーケットを見終わったら、1520分歩いて(あるいはトラムの7番で)シティーセンターのアイコン的なマーケット広場に向かいましょう。海が目の前にあるマーケット広場、夏は食べ物を狙っているいたずらなカモメに十分注意しましょう!

楽しそうな観光客に加えスーツとネクタイ姿の会社で働く人たちも朝食やランチを食べにやってきます。マーケット広場のテントの中や屋外のテーブルに座って、クリーミーなサーモンスープやシロマスのフライを食べてみましょう。マーケット広場では夏になるとフィンランドのベリーや野菜の種類がとても豊富になります。

Japanese

マーケット広場では夏になると、お店に並ぶフィンランドのベリーや野菜の種類がとても豊富になります。

フィンランドのおみやげを売る屋台もたくさん並びます。手作りのカトラリーの木の香りがするかもしれません。また、お店の人に、幸運が逃げてしまうから、新しい「ククサ」(白樺で作ったラップランドの伝統的なカップ)を洗剤で洗わないようにと言われるかもしれません!

オールドマーケットホール(Vanha kauppahalliはランチに最高です。ホールに入ると、コールドスモークサーモンや魚のサンドイッチについ手が出てしまいます!ピンクの胡椒の実をまぶしたサーモンののった伝統的なフィンランドのライ麦パンを食べてみましょう!

マーケット広場からフェリーで行けるスオメンリンナ島( Suomenlinna)に出かける前にピクニックに必要なものを調達するにもよい場所です。ピクニックにオススメの食べ物をお店の人に聞いてみましょう。焼きたてのバゲット、フムス、サーモンの燻製、フルーツ、チーズ、ダークチョコレートが私たちのオススメです。

魚や肉、パン、ペストリーなどのフィンランドのごちそうに加え、オールドマーケットホールでは世界各地の食べ物が見つかります。アメリカ、スペイン、中東の食べ物を扱うお店やベジタリアンのショップもあります。ワインの買える小さなAlko(アルコ)もあります。

Hakaniemen kauppahallissa
Show in landscape format
Off

午後:トーロントリ

トラムに乗ってグルメツアーを続けます。マーケット広場(トラム停の番号0430)からトラムの2番に乗って、1520分でトーロントリTöölöntori、トラム停の番号0210 に到着します。また歩いたり自転車で移動すれば、街の風景も楽しめます。マーケット広場からトーロントリまではわずか数キロです。

トーロントリは、近所の人たちが集まる小さなマーケット広場です。野菜や魚、花などが見つかります。またその日の3杯目、あるいは4杯目のコーヒーも楽しめます。ところで、典型的なフィンランド人は145杯コーヒーを飲みます。「子豚のドーナッツ」という意味のフィンランドの定番、「possumunkki(ポッスムンッキ)」をぜひ試してみてください!

A view from above, one man is standing behind a counter full of different raw and cooked meats waiting for customers, while the other two are cleaning and preparing more products.
Show in landscape format
Off

夕方:ヒエタラハティマーケットホール

トーロ地区から再び南に向かい、ヒエタラハティマーケットホールに行きましょう。ここではキムチやラーメン、メキシコ料理などエスニック料理が楽しめます。ヘルシンキで一番人気のバーガーの一つ、 Roslund(ロスルンド)バーガーもあります。

土曜日の午後5時から10時まで、子どもにやさしい「Tunes n Tastings」が開催されます。歩き回って、クールな音楽を聴いて、おいしい食べ物を味見して、食事を買って好きな席に座って食べましょう。よい雰囲気でリラックスしていて、一人でも楽しめます。

Japanese

ワイルドフードコースとハイキングツアーは、ヘルシンキ周辺の自然の美しさと野生のおいしい食べ物を楽しむのに最高です。

デリカテッセンにも行ってみましょう:

ヘルシンキの食を探るなら、デリカテッセンは必須です。次の3つが私たちのオススメです。

  1. Ruohonjuuri(ルオホンユーリ)

Ruohonjuuriは「草の根」という意味で、オーガニックと地産の食べ物に特化しています。
ruohonjuuri.fi

  1. Stockmann Herkku(ストックマン へルック)

ストックマンデパートはヘルシンキの中心にあり、惣菜コーナーはヘルシンキで一番と言っていいでしょう。Aleksanterinkatu 52

  1. Anton & Anton(アントン&アントン)

Anton & Antonは、高級惣菜店で、便利な3日分の食材とレシピのセットも購入できます。
antonanton.fi

ヒント:ワイルドフードを味わってみましょう!

ワイルドフードコースとハイキングツアーは、ヘルシンキ周辺の自然の美しさと野生のおいしい食べ物を楽しむのに最高です。1時間以内でヌークシオ国立公園に着き、やすらぎを感じワイルドフードの専門家の観点から自然が楽しめます。

詳細情報:helsinkiwildfoods.com/info

ワイルドフードの専門家と一緒に森に行ってみたいなら、シェフのSami Tallbergiin(サミ・タルベリ)を推薦します。

Show image on the left
Off
Show created/updated
Off
Show in search dropdown
Off
Teaser text
ヘルシンキの歴史あるマーケットホールとマーケット広場は、今でも街の人たちの毎日の生活の一部です。フード・ジャーナリスト、ハンナ・イェンセンがグルメにお勧めの場所を教えてくれました。