ヘルシンキの冬を楽しむ5つのヒント

In a picture postcard like scene, people are skating on the ice at Halkolaituri dock in winter. A couple of sailing ships and colourful apartment blocks are in the background.
Lead text
雪が降って寒くなり、他の季節とはまったく異なる姿を見せる冬のヘルシンキでは、数え切れないほどたくさんの冬のアクティビティが楽しめます。

スケート

街の中心でイヤーマフを持った人がスケートをする映画を見たことがあるでしょう。ヘルシンキには、市内中心部に世界クラスのスケートリンクもあります。地元の人々に長年愛されてきたのは、カリオ地区のブレイスポーツフィールド(ブレーケンタ、ヘルシンギンカトゥ25)です。ヘルシンキには他にもたくさんのスケートリンクがあります。 2020年から2021年の冬の間、市内の公共アイススケートリンクは無料です。

スキー

典型的な冬にはヘルシンキにもたくさんの雪が降り、200キロメートルに及ぶ整備されたクロスカントリースキーのコース楽しめます。コースのほとんどがセントラルパーク Keskuspuisto)にあり、街の中心に近いLaakso (ラークソ、Nordenskiöldinpolku)からアクセスできます。クロスカントリーのコースは、北はTali(タリ)、Paloheinä(パロヘイナ)、Veräjälaakso(ヴェラヤラークソ)まで続いていますヘルシンキで一番人気のあるクロスカントリースキーセンターは Paloheinä(パロヘイナ)Pakilantie 124)で、最長の整備されたコースが楽しめます。最高の風景を楽しみたい人は、Vanhankaupunginlahti(ヴァンハンカウプンギンラハティ)に行ってみましょう。アウトドア・エクササイズマップで、雪の状態やスキーコースの距離を確認できます。  

スノーシューハイキング

森の雪が多ければ多いほど、スノーシューでのハイキングが楽しくなります。雪がかなり深くてもスノーシューがあれば歩けます。雪は美しいだけでなく、音を吸収するので静けさも楽しめます。スノーシューハイキングにはKeskuspuisto(セントラルパーク)、Vuosaari(ヴオサーリ)の森とÖstersundom(オステルスンドム)からSipoonkorpi(シポーンコルピ)に広がる森が最高です。十分な雪がない場合にはファットバイクに挑戦してみましょう!スノーシューとファットバイクは Paloheinäレクレーションセンターでレンタルできます。 

そり

なによりも楽しい冬のアクティビティを一つ選ぶとすれば、そりをおすすめします。ヘルシンキで、唯一「公式」のそり滑りの丘は、 Paloheinä Pakilantie 122)ですが、もちろん他にもそりが楽しめる人気の場所があります。市内の中心部にある場所では、海の美しい景色が満喫できるカイヴォプイスト公園や中央駅の裏手にある カイサニエミ公園などがあります。一番ワクワクする斜面は、Malminkartano(マルミンカルタノ)埋め立て地の丘 Naapuripellontie 12)です。

夜の散歩

エスプラナデ公園 が一番美しいのは夏ですが、雪に覆われた冬の夜にはまるで別世界のような美しさを見せます。ライトアップされた木々、彫像、雪が創り出す空間は思わず息をのむような美しさです。思い出に残る冬の散歩を体験したいなら、遠くに行かなくても街の真ん中にあるエスプラナデ公園で楽しめます。

Show image on the left
Off
Card list
屋外での冬のアクティビティ
Show created/updated
Off
Show in search dropdown
Off
Teaser text
雪が降って寒くなり、他の季節とはまったく異なる姿を見せる冬のヘルシンキでは、数え切れないほどたくさんの冬のアクティビティが楽しめます。